専門看護師や認定看護師を増やしても看護の質はそれほど上がっていない。看護に専念出来るほど整った職場はまだ少ない。雑務やクレーム処置に追われる職場が多い!

看護師として働いている人の中には、スキルアップを目指して、認定看護師など、専門的な知識を身につけたい、
と思っている方が沢山います。
スキルアップしたいという理由の中には、給料アップという目的もあります。
専門的な知識を身につける事ができれば、それに併せた給料を貰う事ができます。
しかし、給料面だけが目的ではなく、やはり、人の命を助けるという看護師の仕事をしていると、
毎日沢山の患者さんの生死を目の前にする事になりますから、少しでも多くの知識や技術を身につけて、
一人でも多くの患者さんの役に立ちたいと思うものです。
スキルアップを目指すのはとても良い事だと思います。
最近はそのような専門看護師や認定看護師を目指す方が増えて、そのような資格のある看護師が働いている事で、
病院自体の質を向上させる事もできます。
でも、いくら資格を取っても、職場環境が整っていない為に雑務や介護の仕事に追われて、
仕事に専念できる環境ではない、といった問題があるんです。

 

職場によっては、看護助手が充実していて、雑務や介護の仕事を専門に行っているところもあります。
しかし、そのような職場はまだまだ少ないというのが実状です。
看護助手がいれば、看護師の資格を持っていなくてもできる仕事を、すべて行ってくれますから、
看護師は看護師としての仕事に専念する事ができます。
そうする事で、専門看護師や認定看護師の知識を活用して、質の高い看護をする事ができます。
それは私達だけではなく、患者さんにとっても望まれるものだと思います。
職場環境の改善が、より良い看護に?がるのかもしれません。
時間がかかるかもしれませんが、看護師の仕事に専念できる職場が増えてくれる事を期待します。