輸血PC(PLT) 

輸血PCは血小板濃厚液のことで、血小板成分を補充することで止血を図ったり、出血を予防することを目的として行います。

 

重篤な活動性出血を認める場合や、急速失血により24時間以内に循環血液量相当量ないし、2倍以上の大量輸血が行われ、止血困難な出血症状とともに減少を認める場合に行われます。

 

また、再生不良性貧血や白血病などの血液疾患や化学療法によるPLTの低下、術前、術中、術後に使用されることもあります。

 

禁忌の疾患もありますから注意が必要ですね。

 

保存温度は20?24度で振盪し保存します。

 

有効期限は採血後4日間となります。

 

輸血を行う前に、同意書の確認を行います。

 

患者さんへの輸血の説明を行い、不安の軽減を図ります。

 

PCの準備が出来たらドクターに確認をとり、OKであれば輸血部へ行き病棟へあげます。

 

患者氏名、血液型、製剤名、単位数、血液製剤番号、有効期限を確認します。

 

18?20Gでラインを確保し、ラインをつなぐ際も再度複数の人間で確認を行います。

 

患者さんの呼名、ベッドネーム、IDバンドを確認します。

 

輸血開始後5分は指示の滴下速度よりもゆっくり落とし、副作用のチェックのために患者さんのそばから離れず観察します。

 

発熱や血圧、発疹の有無、倦怠感、嘔気を観察し、即時型の副作用に注意します。

 

その後15分後に再度観察し、副作用がなければ指示の滴下速度
に戻します。

 

副作用には、即時型の副作用として不適合によるショック症状、アナフィラキシーショックなどがあります。

 

輸血後の倦怠感、腰痛、悪寒で始まり、発熱、胸痛、呼吸困難、ショックへと症状か進展しますので早急な対応が必要ですね。

 

副作用が見られた場合は、輸血を中止し、ドクターに報告、対応となります。